製品情報 products

臨床検査機器

総合ラインナップへ戻る

動物用 多項目自動血球計数装置
pocH®-100iV Diff

動物用

白血球分画―それは、血液検査の新たなステージ

  • 省スペース
  • 動物用

特長

    pocH®-100iV Diff は、pocH®-100iVをベースに、独自に開発した専用試薬によるスピーディな白血球分画を可能にし、動物病院の日常診療をより強力にサポートします。コンパクトなボディにさらなる機能を追加して、進化を遂げた新しい“ポチ”は、動物病院における血液検査の新たなステージをお届けします。

■簡単

測定はサンプルを全血のままセットして、スタートボタンをタッチするだけ。
洗浄も自動的に実施します。

メイン画面(イヌ)

▲ メイン画面(イヌ)

よく撹拌した検体をセットしてスタートボタンを押します。

検体測定中(イヌ)

▲ 検体測定中(イヌ)

モニター下部を小さな犬が歩きます。

測定結果表示(イヌ)

▲ 測定結果表示(イヌ)

約2分で測定結果がわかります。

■高性能

独自開発の試薬により白血球を分画※します。 また、血球数が多い動物血測定に効果を発揮するシースフロー方式を採用しています。

※イヌ、ネコは3分画、ウシ、ウマは2分画

優れた解析性能

数値データとあわせて表示される粒度分布図(WBC※、RBC、PLT)により、各血球の分布状況が一目でわかります。
また、粒度分布異常フラッグ機能により、血球の分布異常や凝集などの発見を支援。充実した機能で検査をサポートします。

※WBCは、リンパ球、好中球/単球、好酸球の3分画。

正確さを追求した測定方式

電気抵抗方式の正確な血球計数には、血球がアパーチャーの中心部を血球が流れることが重要になります。シースフロー方式は、シース液により流れを形成して、血球を通すことで血球が常にアパーチャーの中心部を通り、異常パルスの発生を防ぎます。大型装置と同じシースフローの採用は、血球数の多い動物血での精度向上に大きく寄与します。

■便利

トラブル発生時には“ハカセくん”が対処方法を説明します。
定期的なチューブ交換も必要ありません。

ヘルプ画面(エラー発生)

▲ ヘルプ画面(エラー発生)

"ハカセくん"ボタンを押してください。

ヘルプ画面(解決方法)

▲ ヘルプ画面(解決方法)

わかりやすいメッセージが表示されます。




■安心

試薬にシアンを含まないヘモグロビン測定法の採用で、試薬の管理も安心です。
特別な廃液処理の必要もありません。

仕様

イヌ WBC、 RBC、 HGB、 HCT、 MCV、 MCH、 MCHC、 PLT、 LYM#、 EO#、 OTHR#、 LYM%、 EO%、 OTHR%、 RDW-SD、 RDW-CV、 PDW、 MPV、 P-LCR
ネコ WBC、 RBC、 HGB、 HCT、 MCV、 MCH、 MCHC、 PLT、 LYM#、 EO#、 OTHR#、 LYM%、 EO%、 OTHR%、 RDW-SD、 RDW-CV
ウシ・ウマ WBC、 RBC、 HGB、 HCT、 MCV、 MCH、 MCHC、 PLT、 LYM#、 OTHR#、 LYM%、 OTHR%、 RDW-SD、 RDW-CV、 PDW、 MPV、 P-LCR
対象動物種 イヌ、ネコ、ウシ、ウマ
測定時間 約125秒(測定開始から結果表示まで)
所要検体量 全血約15μL
記憶機能 測定データ:20検体(粒度分布図と精度管理データを含む)
表示方式 カラーLCD画面
印字機能 サーマルプリンタ
外部出力機能 RS-232C、LAN

※ネコの血小板については、参考値としてお取り扱いください。

諸元

  寸法[幅×高さ×奥行]
( mm )
重量
( kg )
電源
( 50Hz/60Hz )
消費電力
( 50Hz/60Hz )
本体 幅185×高さ350×奥行き460mm 約14kg AC100~240V 約150VA以下

動物用医療機器承認番号

25動薬第322号

※外観・仕様については改良のため予告なしに変更することがあります。
※このページの商品情報は、日本国内販売向けのもので、その他の地域については異なる場合があります。

展示会情報

    PAGETOP