製品情報 products

試薬と解析プログラム

WNR チャンネル

試 薬 ライザセルWNR、フルオロセルWNR
〈白血球のカウント/好塩基球および有核赤血球の分類・カウント〉

ライザセルWNR中の界面活性剤の作用により赤血球を溶血させるとともに、白血球の細胞膜を透過します。各白血球は外形や内部構造がそれぞれ変化していますので、この形態的差異を前方散乱光(FSC)により捕らえ、好塩基球とそれ以外の白血球と区別してカウントします。まCた、フルオロセルWNRは白血球および有核赤血球の核酸や細胞小器官を蛍光染色します。ライザセルWNR中において白血球は有核赤血球よりも蛍光強度が強くなりますので、その蛍光量の差異によりこれらを区別してカウントします。

WDF チャンネル

試 薬 ライザセルWDF、フルオロセルWDF
〈好中球、リンパ球、単球、好酸球の分類・ カウント/幼若白血球、異型リンパ球の検出〉

ライザセルWDF中の界面活性剤の作用により赤血球および血小板を溶血、溶解させ、白血球の細胞膜を透過します。各白血球はその特徴により細胞形態が変化しているので、その差異を側方散乱光(SSC)で区別します。その後、フルオロセルWDF中の蛍光色素が細胞内に入り、核酸や細胞小器官を蛍光染色。核酸および細胞小器官の種類 と多寡により各白血球の蛍光強度に差が生じます。各白血球の持つ散乱光と蛍光の差異を独自のアルゴリズムによるクラスター解析で、細胞のカウントや分類、異常細胞のフラッキングを行います。

WPC チャンネル※

試 薬 ライザセルWPC、フルオロセルWPC
〈芽球、リンパ球系の異常細胞の検出〉

ライザセルWPC中の界面活性剤の作用により赤血球および血小板を溶血、溶解させ、白血球の細胞膜を透過します。その後、フルオロセルWPC中の蛍光色素が細胞内に入り、核酸などを染色し、白血球および 異常細胞集団を検出します。芽球やリンパ球系の異常細胞は、疾患や症例によって様々な性質を持っており、ライザセルWPC中の界面活性剤やフルオロセルWPC中の蛍光色素の反応において、形態変化や染 色性など正常細胞とは違った差異が生じます。この反応性の違いは散乱光強度や蛍光強度に反映され、独自のアルゴリズムによって異常細胞やその集団が検知されます。

※XN-20のみ

RET チャンネル※

試 薬 セルパックDFL、フルオロセルRET

RETチャンネルではフルオロセルRET中の蛍光色素がセルパックDFLで処理された網赤血球および血小板の核酸などを蛍光染色、これらの細胞と成熟赤血球を蛍光強度の違いにより分類します。また、鉄動態モニタリグ等に可能なRET- He(網赤血球ヘモグロビン等量)の解析が可能です。

※XN-10はオプション

PLT-F チャンネル※

試 薬 セルパックDFL、フルオロセルPLT

PLT-Fチャンネルでは、フルオロセルPLT中の蛍光色素がセルパックDFLで処理された血小板を染色し、カウントしています。また、蛍光強度の強い領域をIPF(Immature platelet fraction)として分画します。前方散乱光と蛍光強度の違いにより、血小板とそれ以外の血球を明確に区別します。

※オプション

体腔液検体測定例(BFモード)※

試 薬 ライザセルWDF、フルオロセルWDF
〈白血球数のカウント/白血球を単核球(MN)と多核球(PMN)に分類〉

ライザセルWDF中の界面活性剤の作用により赤血球を溶血、溶解させ、白血球の細胞膜を透過します。各細胞の持つ散乱光と蛍光の差異を独自のアルゴリズムで解析することで、白血球数のカウント、分類および異常細胞の検出を行うことができます。BFモードでは、全血モードの約10倍の粒子数をカウントします。

※オプション

XNシリーズ製品説明
測定原理

PAGETOP