製品情報 products

臨床検査機器

総合ラインナップへ戻る

塗抹標本作製装置
SP-10

塗抹標本作製装置 SP-10
  (左:搬送接続タイプ、 右:スタンドアロンタイプ)

塗抹から染色までを完全自動化

  • 省スペース
  • 高速処理
  • 搬送対応
  • ネットワーク保守

特長

手間のかかる塗抹標本作製の作業を完全自動化し、質の高い塗抹標本を提供。
鏡検業務の効率化を支援します。

専用の標本カセットで
安全な作業を実現
標本スライドガラスを1枚ごとに収納する専用の標本カセットを使用します。染色工程、洗浄乾燥をこのカセットの中で行うため、安全に血液塗抹標本を作製することが可能です。
カバーを開けずに微量血用試験管で標本作製が可能
装置のカバーを開けることなく、専用のカセット部に微量血用試験管のセットが可能です。

仕様

処理能力 最大120検体/時間( 前工程の時間、オーダー率により変動します。)
吸引検体量
サンプラモード
:200μL
マニュアルモード( クローズド試験管)
:200μL
マニュアルモード( 微量血用試験管)
:60μL
必要血液量
サンプラモード
:0.6~5mL( 直径12mmの試験管)
  0.8~7mL( 直径15mmの試験管
マニュアルモード( クローズド試験管)
:0.6~5mL( 直径12mmの試験管)
  0.8~7mL( 直径15mmの試験管)
マニュアルモード( 微量血用試験管)
:300μL( 指定試験管)
記憶検体数 1,000件
対応染色法 ライト単染色
メイギムザ染色
ライトギムザ染色
カセット 標本スライドガラス1枚毎に収納
最大100個セット可能
標本作製枚数 1~2枚選択可能
印字機能 数字・アルファベット・記号・カタカナ・漢字(最大半角15桁×3行)
一次元バーコード・二次元バーコードを印字可能
医療機器製造販売届出番号:28B2X10007000083

諸元

  幅×高さ×奥行き
(mm)
重量
( kg )
電源 消費電力
本体 855×655×855 約110 AC100~240V(50/60Hz) 650VA 以下
空圧源 280×400×355 約17 AC100~117V(50/60Hz) 230 / 280VA 以下

医療機器製造販売届出番号

28B2X10007000083

※外観・仕様については改良のため予告なしに変更することがあります。
※このページの商品情報は、日本国内販売向けのもので、その他の地域については異なる場合があります。

PAGETOP