製品情報 products

臨床検査機器

総合ラインナップへ戻る

多項目自動血球分析装置 XN-Lシリーズ
XN-330

XN-330

白血球5分類の測定が可能な
コンパクトモデル
  • 省スペース
  • ネットワーク保守

特長

院内迅速検査によって、早期の診断・ 結果 説明に貢献します。

診断補助としてのXN-Lシリーズの活用法

検体量わずか25μLで白血球5分類(DIFF)

XN-Lでは従来の電気抵抗法による細胞の大きさで測定する3分類とは違い、FCM法 による細胞の大きさ、核酸染色性、内部構造により信頼性の高い白血球5分類の情報を提供します。
※FCM法:フローサイトメトリー法

診察例

シスメックス独自のオンラインでのサービス&サポート
SNCS(Sysmex Network Communication Systems)

オンラインQC

日々の精度管理データをSNCSサーバーで自動送信し、母集団のデータと比較することで、測定結果の信頼性をサポートします。

Web情報サービス

パソコンからSNCS専用Webサイトへアクセスすることにより、シスメックスが蓄積してきた学術・技術情報等の豊富なコンテンツが閲覧可能です。

コントロール表示値の自動配信

コントロールのロット変更時にSNCSサーバーから表示値を自動配信、登録ができます。手作業での表示値登録は不要です。

プロアクティブサービス故障予測

各種センサーにて取得した分析装置の動作情報をSNCSサーバーへ自動送信し、日々得られたデータをもとに分析・解析を行い、故障を予測、異常が発生した際には迅速なサポートを実施します。

操作部内蔵、タッチパネルで簡単操作

さまざまなレイアウトで結果印刷が可能

・プリンタ出力は自由にカスタマイズ可能
・A4~はがきサイズまでレイアウト可能
・1枚の用紙に複数検体のリスト印字も可能

仕様

測定項目 WBC、RBC、HGB、HCT、MCV、MCH、MCHC、PLT、
RDW-SD、RDW-CV、PDW、MPV、P-LCR、PCT、
NEUT#、LYMPH#、MONO#、EO#、BASO#、
NEUT%、LYMPH%、MONO%、EO%、BASO%
処理能力 最大約60検体/時間
吸引検体量 全血モード :約25μL
希釈モード :約70μL
記憶検体数 記憶検体:10,000件
患者情報:5,000件
病棟登録:200件
医師名登録:200件
測定登録機能:1,000件
校正履歴:20件
QCファイル:20ファイル(300プロット/ファイル)
試薬交換履歴:500件
保守履歴:500件
レーザークラス分類 クラスⅠ(IEC60825-1)

諸元

  幅×高さ×奥行
(mm)
重量
(kg)
電源
(50Hz/60Hz)
消費電力
(50Hz/60Hz)
XN-330 約450×510×460 35 100~240V 235VA

医療機器製造販売届出番号

28B2X10007000129

※外観・仕様については改良のため予告なしに変更することがあります。
※このページの商品情報は、日本国内販売向けのもので、その他の地域については異なる場合があります。

開業医様向けのおすすめ製品はこちら!

クリニックの皆様へおすすめの装置 Primary Care WEBサイトへ

PAGETOP