製品情報 products

臨床検査機器

総合ラインナップへ戻る

全自動血液凝固測定装置
CA-600 シリーズ

全自動血液凝固測定装置 CA-600 シリーズ

CAシリーズの精度、信頼をそのままに
「もっと使いやすく」を実現しました。

  • 省スペース
  • ネットワーク保守

特長

コンパクトな全自動装置

血液凝固検査に必要な機能をコンパクトに凝集した世界最小クラスの装置です。


フレンドリーなインターフェイス

カラーLCDタッチパネルを採用し、見やすく簡単に操作できます。
検体番号や採血管に貼られたバーコードラベル※1から、ホストコンピュータに測定項目をリアルタイムに問い合わせることが可能です。

※1:CA-620はオプションのIDバーコードリーダが必要です。


簡単、確実な試薬情報の取り込み機能

ハンディバーコードリーダ(オプション)の接続により、ロット情報、表示値などを簡単、安心に登録することが可能です。
ルートメニュー画面
検量線画面
安定した機能性

PT、APTT、Fbg、TTO、HpT、因子定量、ATⅢ*、APL*、Plg*、PC*、Dダイマー*、FDP*など14項目の設定を入力できます。
14項目の中から、5項目をランダムに指定し、測定することができます。

*CA-650で可能

  凝固法 合成基質法 免疫比濁法
CA-620 × ×
CA-650


  • 1時間で約60テストの処理が可能です(PT単独測定時)。
    シリンジ方式のピペットで試薬を無駄なく使用できます。緊急検体の割り込み測定が可能です。
  • 試薬ホルダ10孔のうち、4孔に試薬冷却機能を装備しています。
  • 測定に用いた使用済みのサンプルチューブは自動的に廃棄します。
  • 測定後の試薬は、試薬ホルダにセットしたまま冷蔵庫で保存できます。
  • 600検体のデータ(最大3,000テスト)、100件のエラーログを記憶できます。
    内蔵サーマルグラフィックプリンタで検体番号、反応曲線を含む測定データを検体ごとに印字します。
  • ご利用状況にあわせて洗浄液、排液ボトルの容量を選択できます(標準:5L、オプション:2L)。
シリンジ加温ピペット緊急検体測定
サンプルチューブラックIDバーコードリーダ
洗浄液ボトル試薬ホルダ
安心をお届けするSNCS※2に対応

オンラインQC(QCデータの送信、精度管理異常の監視)、オンラインサポート(測定データ、装置ログ、画面データの送信)により、ダウンタイムを短縮し、お客様をサポートいたします。

※2:SNCS : Sysmex Network
               Communication Systems



SNCS概念図
   

仕様

測定項目 PT、APTT、Fbg、TTO、HpT、因子定量、ATⅢ*、APL*
Plg*、PC*、Dダイマー*、FDP*
測定原理 凝固法:光散乱測光方式(パーセント検出法)
合成基質法*:透過光検出法(比色法)
免疫比濁法*:透過光検出法(比濁法)
処理能力 最大 60テスト/ 時間(PT単項目測定時)
検出部 CA-620 4チャンネル
CA-650 6チャンネル
サンプルチューブ
架設数
 最大60個(30個架設×2)
サンプリング機能 液面検出型血漿・試薬分取、分注機能(シリンジ方式) 
試薬冷却機能 試薬ホルダ:4孔(15±2℃) 
検量線設定 14項目×6ポイント 
精度管理機能 X管理(L-J管理):14項目、180ポイント×6ファイル 
表示方式 タッチセンサー式液晶ディスプレイ方式
印字機能 内蔵式サーマルグラフィックプリンタによる印字
記憶機能 600検体(最大3,000テスト)分の測定データ及び反応曲線
各種設定値、精度管理データ 

 

諸元

  寸法[幅×高さ×奥行]
( mm )
重量
( kg )
電源
( 50Hz/60Hz )
消費電力
( 50Hz/60Hz )
CA-620
CA-650
566×490×490 約43 AC100~240V 300VA以下

医療機器製造販売届出番号

28B2X10007000087

※外観・仕様については改良のため予告なしに変更することがあります。
※このページの商品情報は、日本国内販売向けのもので、その他の地域については異なる場合があります。

展示会情報

    PAGETOP