製品情報 products

臨床検査機器

総合ラインナップへ戻る

全自動血液凝固測定装置
CS-2400/CS-2500

全自動血液凝固測定装置 CS-2400/CS-2500

CSシリーズの優れたパフォーマンスを
凝縮した、高機能デスクトップモデル。

最上位モデルCS-5100の優れたパフォーマンスを凝縮し、高度化、専門化そして多様化するニーズに幅広く対応し、信頼性の高い検査結果を提供します。

  • TAT支援
  • ネットワーク保守

特長

実績に裏付けされたCSシリーズの機能を継承。

マルチウェーブ検出技術

最大180テスト/時間(PT)の高速処理を実現しました。
マルチウェーブ検出方式による4測定原理対応(凝固法、合成基質法、免疫比濁法、凝集法)のマルチ検出部を10チャンネル※有し、オーダー比率に影響を受けにくい測定が可能になりました。

※凝集法は4チャンネル

従来:CAシリーズ→共通化→CA-2400/CS-2500

波長切替

マルチウェーブ検出方式により、反応プロセスを5波長で検出。測定項目別に最適な波長を選択して測定します。
また異常波形の場合でも、主波長と副波長を切替えることにより、信頼性の高いデータが提供できます。

シグナル(正常波形)
シグナル(異常波形※PT測定検体の場合)

HILチェック

HIL検出器を搭載。測定前に一次取り込み検体を測光することで、溶血(H)、黄疸(I )、乳び(L)の有無をフラグとして表示できます。また、それぞれのフラグに対し、測定項目ごとに閾値の設定が可能です。

HILチェック

HIL マルチウェーブ

採血量チェック

検体の初回吸引時に、あらかじめ設定した液面検知の上下限範囲を外れた検体に対して、フラグでお知らせし、エラーデータの報告回避に役立ちます。

採血量チェック

キャップピアシング(CS-2500)

採血管のキャップをつけたまま測定できるキャップピアシングは、当社が20年以上培ってきた信頼性の高い技術です。各種採血管に対応し、自動でキャップの有無を検知でき、開栓した採血管とキャップをつけた採血管が1つのラックに混在しても測定することができます。バイオハザードのリスクと開栓の煩雑さを低減します。

キャップピアシング

使いやすさを追求した操作性が検査業務の効率化をサポート。

試薬管理

自動認識機能

最大40種類の試薬をセットすることができ、全て内蔵バーコードリーダーによる自動読み取りが可能です。試薬・標準品・コントロール血漿をランダムにセットしても、試薬名・ロット番号・使用期限などの情報を自動認識して表示します。また、試薬の残量・残テスト数・設置時間などを試薬管理画面で簡単に確認することが出来ます。

自動認識機能

試薬セット

測定中に試薬交換・追加が可能です。

試薬セット

デットボリューム低減

試薬ボトルを傾けて設置する事で、デッドボリュームを抑えました。

デットボリューム低減

試薬冷却モードとオンボード安定性、24時間運用

試薬設置部は約10℃に保たれており、24時間体制の検査室での運用をサポートします。

QC測定

精度管理は、専用ラックによる自動測定や、設定した時間間隔で実施される自動QC、バイアルを指定して行うバイアルQCなど多彩なモードを搭載。様々な運用要望にお応えします。
また、精度管理用試料のロットが変更になった際は、設定ガイドに従って、簡単に登録することが出来ます。

QC測定

測定情報画面

ジョブリスト画面では、測定結果・測定進捗状況を一目で確認することが出来ます。また詳細画面では測定結果だけでなく、検体情報を使用した試薬ロットや検量線、直前の精度管理の日時を確認でき、日々の業務をサポートします。

測定結果・測定進捗状況、検体情報

先進のテクノロジーが信頼性の高いデータを提供。

凝集法に対応

スターラバー入りの専用サンプルチューブをセットすることにより、凝集法の測定が可能です。

凝集法に対応

クロスミキシングテスト

手間の掛かるクロスミキシングテストに対応し、
自動希釈測定からグラフ生成、ICAの計算まで
を行い、視覚的・定量的に判断する情報を提供
することで検査業務の効率化をサポートします。

*ICA(Rosner Index)=index of circulating anticoagulant
ICA = ( b ? c ) / a × 100
a = 患者血漿100%の凝固時間
b = 患者血漿50%の凝固時間
c = 正常血漿の凝固時間

クロスミキシングテスト

SNCS

SNCSは、お客様の装置とシスメックス・カスタマーサポートセンターをオンライン化し、リアルタイムQC、オンラインサポート、Web情報サービス、装置の故障予測、予防保守を提供するサービスであり、お客様のより快適で、より安心な使用環境の構築に貢献します。

SNCS

※SNCS:Sysmex Network Communication Systems(別途契約が必要です)

仕様

測定原理 凝固法、合成基質法、免疫比濁法、凝集法
測定項目

PT(プロトロンビン時間)
APTT(活性化部分トロンボプラスチン時間)
Fbg(フィブリノーゲン)
外因系凝固因子(Ⅱ、Ⅴ、Ⅶ、Ⅹ)
内因系凝固因子(Ⅷ、Ⅸ、ⅩⅠ、ⅩⅡ)
凝固第ⅩⅢ因子

TTO(トロンボテスト)
Hpt(ヘパプラスチンテスト)
AT-Ⅲ、PLG、α2PI、PC
FDP、Dダイマー、PIC
VWF、FMC(フィブリンモノマー複合体)

同時測定項目数 最大60項目
処理能力 PT単項目測定:180テスト/時間
APTT単項目測定:115テスト/時間
PT/APTT同時測定:115テスト/時間
所要検体量 PT、APTT 50μL
Fbg、Hpt 10μL
TTO、凝固第ⅩⅢ因子 20μL
外因系凝固因子 5μL
内因系凝固因子 10uL(APTT-SLA使用時)
AT-Ⅲ、PLG、α2PI 21μL(ベリクローム使用時)
PIC 21μL(リアスオート使用時)
PC 15μL(ベリクローム使用時)
FDP 10μL(リアスオートP-FDP使用時)
Dダイマー 6μL(リアスオートDダイマー・ネオ使用時)
FMC 21μL
VWF 18μL(VWF Rco使用時)
試薬架設数 最大45試薬(保冷40試薬、室温5試薬)
サンプラ機能 検体収容数:50検体(ラック方式)
サンプルチューブ
自動供給機能
最大500個
検量線設定 最大12ポイント、最大250項目
精度管理機能 750ファイルのX管理又はL-J管理
Westgard rulesによる6種類のチェックが可能
記憶機能 最大10,000検体分の測定データ
レーザクラス ClassⅠ(IEC60825-1)

諸元

  幅×奥行×高さ(mm) 重量(kg) 電源 消費電力
本体(サンプラ含む) 約775(W)×約895(D)×約685(H)mm 約110kg AC100V
-240V
800VA以下
空圧源 約280(W)×約355(D)×約400(H)mm 約17kg 280VA以下
データ処理装置 約99(W)×約378(D)×約367(H)mm 約10kg 約220VA
モニタ 約516(W)×約132(D)×約384(H)mm 約4.7kg 約48VA

医療機器製造販売届出番号

28B2X10007000127(CS-2400)、28B2X10007000128(CS-2500)

※外観・仕様については改良のため予告なしに変更することがあります。
※このページの商品情報は、日本国内販売向けのもので、その他の地域については異なる場合があります。

展示会情報

    PAGETOP