製品情報 products

臨床検査機器

総合ラインナップへ戻る

全自動血液凝固測定装置
CS-5100

全自動血液凝固測定装置 CS-5100

より効率的な検査環境の実現へ-
CSシリーズがさらに進化。

近年、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病の増加に伴い、それらに起因する「血栓性疾患」に関連したスクリーニング検査、治験モニタリング検査が重視されてきています。
この検査ニーズの変化に対応し、クリニカルバリュー&ユーザビリティがさらなる進化を遂げました。

  • 高速処理
  • TAT支援
  • 搬送対応
  • ネットワーク保守
Good Design マーク

機能紹介ムービーをみる

特長

高速処理

最大400テスト/時間(PT/APTT同時測定)の高速処理を実現しました。マルチウェーブ検出方式による4測定原理対応の検出部を20チャンネル有し、オーダー比率に影響を受けにくい測定が可能になりました※1

※1:凝集法は、攪拌機能付き8チャンネルで同時測定可能

高速処理

STAT機能

常にSTATテーブルへ検体投入でき、優先測定することが可能です※2。また、搬送ライン接続時もSTAT使用が可能であり、最優先測定します。

優先順位:1.STAT検体、2.ラック検体、3.搬送検体

※2:STAT使用中を除く

STAT機能

時間表示

測定終了(予定)時刻を表示し、臨床からの問い合わせに対応が可能です。測定中断中に、スタンバイまでの所要時間を表示し、業務効率の改善に貢献します。

時間表示

キャップピアシング機能&微量対応

キャップピアシング機能を搭載し、バイオハザードの機会を低減します。また、閉栓採血管/開栓採血管/サンプルカップの混在にも対応可能です。さらに微量モードを搭載し、より少ないデッドボリュームでのサンプリングが可能です。

キャップピアシング機能&微量対応

搬送ライン対応

サイドサンプリングにより、主要な搬送ラインに接続できます。また、STAT、ラックサンプラも併用でき、お客様の多様なワークフローへの対応が可能です。

搬送ライン

選べるオプション

試薬の溶解などの作業が行えるキャビネット、より設置面積を低減するIPUホルダー、遠くからでも装置の状態が分かる表示灯をオプション品として用意し、お客さまの環境に応じて、ワークフローを更に効率化します。

選べるオプション

簡単・安心な試薬管理

40箇所全ての試薬設置箇所は、バーコードの自動読み取りが可能です。試薬、標準品、精度管理試料をランダムにセットしても、試薬名、ロット番号、使用期限などの情報を自動認識して表示しますので、簡単・安心に試薬管理が行えます。

試薬保冷庫

試薬管理画面

冷却構造

保冷庫内空気循環型、ヒータ付カバーを採用し、温度の均一化(10℃±2℃)だけでなく、試薬テーブル下の冷却媒体へ結露発生を集中させ、試薬テーブル、ラック、バイアルの結露を防止します。また、試薬保冷庫内と外部の空気循環を低減、使用環境に左右されない構造とすることで試薬蒸発を抑制し、試薬の安定性を向上させました。

自動再検・リフレクト測定機能

  • 自動再検

    あらかじめ設定した上下限値を超えた検体に対して、自動的に再検あるいは再希釈測定を実施し、異常検体の確認や再検査の効率を高めます。

  • リフレクト測定

    測定結果があらかじめ設定した条件を満たした場合に、事前の測定オーダー有無にかかわらず、条件を満たす関連性の高い項目を自動的に測定することが可能です。

採血量チェック機能

検体の初回吸引時に、あらかじめ設定した範囲を外れた検体に対してフラグでお知らせし、適正な測定結果の報告に貢献します。

採血量チェック機能

充実した検量線保存機能

検量線は、1項目につき最大10ロット×10通りの保存が可能であり、複数ロットの同一試薬も同時に架設・使用することができます。

採血量チェック機能

検体情報のフラグ機能

HIL検出器を搭載し、測定前に一次取り込み検体を測光することにより、溶血(H)、黄疸(I)、乳び(L)の検体情報をフラグにて表示します。

検体情報のフラグ機能

メンテナンス管理

保守画面ではメンテナンス内容の実施履歴、メンテナンス実施予定日が表示可能です。印刷による保存も可能で、効率的にメンテナンス管理表が作成できます。

採血量チェック機能

ファイナンス

イニシャルコストを抑えて月額コストを平準化するリース・レンタルを提案いたします。ご使用期間中は安心のサービス&サポートを提供いたします。

ネットワーク活用の迅速サポート-SNCS※3,4

SNCSは、お客様の装置とシスメックス・カスタマーサポートセンターをオンライン化し、リアルタイムQC、オンラインサポート、Web情報サービス、装置の故障予知、予防保守を提供するサービスであり、お客様のより快適で、より安心な使用環境の構築に貢献します。

※3:SNCS : Sysmex Network Communication Systems(別途契約が必要です)

※4:外部精度管理機能に対応(プロアクティブメンテナンス機能開発中)

SNCS概念図

仕様

測定原理 凝固法、 合成基質法、 免疫比濁法、 凝集法
測定項目
・PT(プロトロンビン時間)
・Fbg(フィブリノーゲン)
・ 内因系凝固因子(VIII、IX、XI、XII)
・TTO(トロンボテスト)
・ATIII、Plg、APL、PC
・APTT(活性化部分トロンボプラスチン時間)
・外因系凝固因子(II、V、VII、X)
・凝固第XIII因子
・HpT(ヘパプラスチンテスト)
・FDP、 Dダイマー、 PIC、FMC
同時測定項目数 最大60項目
処理能力 最大400テスト/時間 (PT単独、PT/APTT同時測定時)
所要検体量
PT、APTT            
Fbg、HpT、内因系凝固因子
TTO、 凝固第XIII因子     
外因系凝固因子         
ATIII、Plg、APL         
PC                
FDP、PIC                
Dダイマー
FMC:             
VWF:Ag(medium)        
VWF:RCo(medium)  
50μL
10μL
20μL
5μL
21μL(ベリクローム使用時)
15μL
21μL
6μL(リアスオートDダイマー・ネオ使用時)
16μL
15μL
4.5μL
試薬架設数 最大45試薬(保冷40試薬、室温5試薬)
サンプラ機能 検体収容数 : 100検体(ラック方式)
サンプルチューブ
補給部
約1,000個収納可(自動供給)
検量線 設定可能項目数:最大250項目
ポイント数:2~12ポイント/検量線
測定回数:1ポイント最大5重測定まで可能
精度管理データ 最大1,200プロット×750ファイルまで保存可能
記憶検体数 最大10,000検体
レーザクラス Class1(IEC60825-1)

諸元

  寸法[幅×高さ×奥行]
( mm )
重量
( kg )
電源
( 50Hz/60Hz )
消費電力
( 50Hz/60Hz )
本体(サンプラ-含む) 約1,030×1,280×1,150 約278 AC200~240V 1,700VA以下
空圧源 約280×355×400 約17 AC100~120V 230VA以下 (50Hz)
280VA以下 (60Hz)
データ処理装置 約365×426×98 約7.6 AC100V 約200VA
モニタ(スタンド含む) 約384×180×379 約6.2 AC100~240V 約48VA
※オプション
キャビネット 約545×890×1,195 約62.6

IPUホルダー 約200×559×485 約14.8

医療機器製造販売届出番号

28B2X10007000086

※外観・仕様については改良のため予告なしに変更することがあります。
※このページの商品情報は、日本国内販売向けのもので、その他の地域については異なる場合があります。

展示会情報

    PAGETOP