製品情報 products

臨床検査機器

総合ラインナップへ戻る

全自動免疫測定装置
HISCL-2000i

全自動免疫測定装置 HISCL-2000i

検査室と患者さまの視点から誕生したシスメックスの新しい化学発光酵素免疫測定装置です。

  • TAT支援
  • ネットワーク保守
  • 高速処理

機能紹介ムービーをみる

特長


迅速な測定系
反応時間は約17分。処理能力は180検体/時間。測定結果の迅速な報告をサポートします。

微量検体
測定に必要な検体量は1テスト10~30μL(自動希釈時は5μL)と微量。多項目測定時の患者さんの負担を軽減します。

24時間運用
試薬は装置内で保冷状態で収納。24時間いつでも測定スタンバイ状態です。

高感度
化学発光基質にCDP-Star®を採用。TSHの実効感度:0.002μIU/mL、HBsAgの最小検出感度:0.03IU/mLを実現しました。

仕様

測定原理 化学発光酵素免疫測定法(CLEIA)
 
同時測定項目 最大12項目
 
分析方法 フルランダムアクセス方式
処理検体数 180テスト/時 
反応時間 約17分 (検体吸引から測定結果表示まで)
検体架設数 50検体/100検体(オプション:サンプラ100搭載時)
緊急検体架設数 6検体
所要検体量 10~30μL
検体分注 ディスポーザブルチップによる検体分注
ディスポーザブルチップの自動供給機能を搭載
検体容器 試験管(開栓): Ø12~16mm、高さ75~100mm、デッドボリューム0.5mL
サンプルカップ:コニカル4mL、デッドボリューム0.15mL
試薬分注 プローブによる試薬分注
測定方法 フォトンカウンティング測定
試薬設置部 24時間冷却機能、結露水の自動排出機能
試薬キャップ自動開閉機能、磁性粒子試薬の撹拌機能 
試薬管理機能 IDバーコードリーダによる試薬管理機能 
試薬の連続供給 測定中断することなく試薬交換可能 
データ処理 30,000検体分を保存 
精度管理 L-J管理またはX管理を選択 
操作部 外付けPC 
印字出力 外部プリンタ 
外部出力  RS232C準拠、LAN  
電源仕様 本体部:AC200-240V 空圧源:AC100V
50/60Hz 最大消費電力2,000VA以下(PC、空圧源は除く) 
設置形態 フロアー設置型

 

諸元

標準品
  寸法[幅×高さ×奥行]
( mm )
重量
( kg )
測定部 約1,100(W)×1,005(D)×1,355(H)mm 約353kg
空圧源 約340(W)×500(D)×390(H)mm 約28kg
オプション
  寸法[幅×高さ×奥行]
( mm )
重量
( kg )
サンプラ100
(搭載時の諸元)
約1,100(W)×1,130(D)×1,355(H)mm 約356kg
試薬台車 約400(W)×700(D)×790(H)mm 約20kg
IPU台車 約480(W)×815(D)×1,100(H)mm 約45.5kg
排液タンク台車 約280(W)×820(D)×585(H)mm 約10.5kg

医療機器製造販売届出番号

28B2X10007000089

※外観・仕様については改良のため予告なしに変更することがあります。
※このページの商品情報は、日本国内販売向けのもので、その他の地域については異なる場合があります。

展示会情報

    PAGETOP