製品情報 products

臨床検査試薬

総合ラインナップへ戻る

鳥由来インフルエンザウイルス核蛋白検出試薬

 重要な注意事項:
 本品は、研究用試薬です。診断の目的で本品を使用しないでください。


特長

  • イムノクロマト法を測定原理とした迅速検出試薬です。
  • 鳥由来インフルエンザウイルスの核蛋白を特異的に検出します。
  • ヒト由来インフルエンザウイルスの核蛋白は検出しません。
  • 約10分間の短時間で判定が可能です。

標準操作方法

(1)綿棒またはマイクロピペット等で採取した検体を検体抽出試薬に入れ、これを抽出試料とします。容器に試料ろ過フィルターを装着します。 (2)抽出試料を測定用試験管のラインまで滴下します。 (3)アッセイスティックが底につくように入れてください。 (4)判定部は一旦、青く染まり、その後白色になります。10分後に明るいところで、判定部を目視により判定します。

最小検出感度

以下の培養したインフルエンザウイルス株で最小検出感度を求めた結果、次の通りになりました。
 
A/Crow/Kyoto/04 (H5N1)  4.0×105 FFU †/mL

A/Duck/HK/342/78 (H5N2)  3.4×105 FFU/mL

A/Duck/HK/820/80 (H5N3)  5.3×104 FFU/mL

A/Turkey/Ontario/7732/66 (H5N9)  1.1×104 FFU/mL

†  FFU:focus forming unit
細胞に感染したウイルスを免疫染色することによって確認できるウイルス感染細胞数から算出されたウイルス数を表す単位

鳥類から分離されたインフルエンザウイルス株との反応性

以下の鳥類から分離されたインフルエンザウイルス株を検体として下記の濃度で試験したとき、本品は試験した全ての株で反応性を示しました。
 
A/Budgreiger/Aichi/1/77 (H3N8)  171 HA価 †
A/Duck/Czechoslovakia/1/56 (H4N6)  85 HA価
A/Crow/Kyoto/04 (H5N1)  4.0×105 FFU/mL
A/Duck/HK/342/78 (H5N2)  3.4×105 FFU/mL
A/Duck/HK/820/80 (H5N3)  5.3×104 FFU/mL
A/Turkey/Ontario/7732/66 (H5N9)  1.1×104 FFU/mL
A/Shearwater/Australia/1/72 (H6N5)  85 HA価
A/Duck/HK/301/78 (H7N1)  128 HA価
A/Tufted duck/Shimane/124R/80 (H7N7)  43 HA価
A/Turkey/Ontario/6118/68 (H8N4)  11 HA価
A/Turkey/Wisconsin/66 (H9N2)  43 HA価
A/Duck/HK/448/78 (H9N2)  68 HA価
A/Duck/HK/702/79 (H9N5)  68 HA価
A/Chicken/Germany/N/49 (H10N7)  24,016 HA価
A/Duck/England/56 (H11N6)  171 HA価
A/Duck/Alberta/60/76 (H12N5)  1.1×106 FFU/mL
A/Gull/Maryland/704/77 (H13N6)  1.1×107 FFU/mL
A/Mallard/Astrakhan/263/82 (H14N5)  3.1×106 FFU/mL
A/Duck/Australia/341/83 (H15N8)  2.2×106 FFU/mL

†HA価:Hemagglutination価
 赤血球凝集反応試験により、赤血球の凝集が認められるウイルスの力価を表す単位

ヒトから分離されたインフルエンザウイルス株との反応性

以下のヒトから分離された鳥由来インフルエンザウイルス株を検体として試験したとき、本品は試験した全ての株で反応性を示しました。
A/SP/33/04 (H5N1)
A/SP/83/04 (H5N1)
A/KAN/353/04 (H5N1)
A/KK/494/04 (H5N1)
A/SP/528/04 (H5N1)
A/NKRM/1035/04 (H5N1)
A/PCBR/1623/04 (H5N1)
A/PCB/2031/04 (H5N1)
A/SKT/2964/04 (H5N1)
A/TH/787/04 (H5N1)

交差反応性

以下の培養したヒト由来A型及びB型インフルエンザウイルス株を検体として下記の濃度で試験したとき、本品は試験した全ての株で反応性を示しませんでした。
 
A/Beijing/262/95 (H1N1)  85 HA価
A/New Caledonia/20/99 (H1N1)  1.1×107 FFU/mL
A/Bangkok/10/83 (H1N1)  85 HA価
A/Yamagata/120/86 (H1N1)  43 HA価
A/Yamagata/32/89 (H1N1)  85 HA価
A/PR/8/34 (H1N1)  171 HA価
A/Okuda/57 (H2N2)  43 HA価
A/Wyoming/3/03 (H3N2)  6.3×106 FFU/mL
A/Aichi/2/68 (H3N2)  85 HA価
A/Sydney/5/97 (H3N2)  1.0×107 FFU/mL
A/Panama/2007/99 (H3N2)  3.7×106 FFU/mL
A/Fukuoka/C29/85 (H3N2)  2.6×106 FFU/mL
A/Sichuan/2/87 (H3N2)  6.7×105 FFU/mL
A/Kitakyusyu/159/93 (H3N2)  9.0×106 FFU/mL
B/Lee seed/40  21 HA価
B/Shandong/7/97  21 HA価
B/Yamanashi/166/98  21 HA価
B/Johannesburg/5/99  21 HA価
B/Shanghai/361/02  43 HA価

ご使用の際は、試薬の取扱説明書をよくお読みください。

仕様

品名 鳥由来インフルエンザウイルス核蛋白検出試薬(品番:CQ055890)
貯蔵方法 2~30℃(禁凍結)
有効期間 18ヵ月(外箱に表示の使用期限内に使用してください)
包 装 10テスト
キットの構成 アッセイスティック(10本)
検体抽出試薬(0.8mL×10本)
付属品 測定用試験管(10本)
試料ろ過フィルター(10個)
試験管立て(1個)

【別売品】  

・ポクテム用滅菌綿棒KSX 30本入り (品番:CU627022)
・ポクテム用試料ろ過フィルター 10個 (品番:05700217)

※  綿棒を使用して測定する場合は、別売品のポクテム用滅菌綿棒をご使用ください。(キットには付属していません。)

承認番号

[体外診断用医薬品]
承認番号:-

※外観・仕様については改良のため予告なしに変更することがあります。
※このページの商品情報は、日本国内販売向けのもので、その他の地域については異なる場合があります。

展示会情報

PAGETOP