製品情報 products

臨床検査機器

総合ラインナップへ戻る

全自動尿中有形成分分析装置
UF-5000(ハルンカップモデル)

全自動尿中有形成分分析装置 UF-5000(ハルンカップモデル)

尿検査のNext Stage
  • 高速処理
  • 高精度
  • ネットワーク保守
  • WAM対応

特長

尿検査Next Stage

新たな検出原理と試薬により有形成分の分類性能を向上

進化したフローサイトメトリー

従来は光の強さや波形を使い有形成分の大きさ、染色の強さなどを情報として分析を行ってきましたが、UF-5000では従来の分析法に加え、光が描く波形の面積を捉えることができるようになりました。この新しい技術は、核酸量や内部構造の複雑性を加味した大きさ情報の検出に応用され、有形成分の分類性能向上に貢献しています。この特徴を生かすため、2つの新たな反応系として、SFチャンネル、CRチャンネルを搭載しました。

CR Channel(Core Channel)

CRチャンネルでは、白血球、細菌、上皮細胞等の核酸を有する成分の分析を行っています。新規に開発した核酸を特異的に染色する染色試薬に加え、波長の短い青色半導体レーザーの特徴を生かし、細菌等の極小成分の検出精度向上を実現しました。また、核酸量を反映する蛍光信号の分析に信号波形の面積値を用い、各有形成分における核酸量による分類が可能となり、分類性能が向上しました。

●核酸量の違いによる各成分の分類イメージ

核酸量の違いによる各成分の分類イメージ

SF Channel(Safece Channel)

SFチャンネルでは、円柱、赤血球、結晶等の核酸を有さない成分の分析を行っています。円柱と円柱類似成分(粘液糸凝集、塩類凝集、細菌凝集等)の分画には試薬による分散に加え、新規に開発された染色試薬により染色された有形成分の波形情報を利用しており、より高精度な分析を実現しています。また、試薬のキレート作用や加温により、無晶性塩類を除去しています。

●円柱と円柱類似成分の分類イメージ

円柱と円柱類似成分の分類イメージ

赤血球と結晶の分画には、偏光解消側方散乱光(DSS)の採用により、結晶成分に特徴的な複屈折性を捉えることで、分類性能を飛躍的に向上させています。半導体レーザーから照射された偏光(振動方向に偏りを持った光)は、結晶の複屈折によって変化します。この変化を検出することにより、結晶を分類しています。

●偏光解消散乱光採用による赤血球と結晶成分の分類イメージ

偏光解消散乱光採用による赤血球と結晶成分の分類イメージ

価値ある診断支援情報を提供します

Clinical Value

赤血球形態情報の提供

赤血球の大きさ情報のばらつき度合いを分析し、赤血球の形態情報を提供します。分析の際に遠心の影響を受けないため、上清中に残存しがちなヘモグロビンが逸脱した赤血球等も偏りなく分析可能です。

●赤血球形態情報※の判定方法

赤血球形態情報※の判定方法 [UFシリーズの場合]

細胞グラム染色性情報

主に、細胞内部に浸透する染色成分量の違いと細胞壁の構造の違いを反映した情報を分析し、細菌のグラム陰性/陽性情報を提供します。

異型細胞

N/C比に加え、核酸量を捉 えることにより、がん細胞、ウイルス感染細胞 、 封入体細胞などの出現を示唆する情報提供が可能となりました。

体液測定

専用のモードにて、体液中の赤血球、白血球、単核球、多形核球の計数が可能です。 また、研究用項目として細菌、上皮細胞,有核細胞、DEBRISの計数も実施します。

さまざまな検査環境へのフレキシブルな対応を実現します

Usability

わかりやすい試薬管理

試薬にはRFIDタグが付いており、試薬情報をリアルタイムに管理します。また、残量が少なくなると、装置モニターで視覚的に試薬の交換タイミングをお知らせします。

簡単な試薬交換

試薬パッケージの色は試薬セット部の色と統一されており、誰でも簡単に試薬交換が可能です。また、染色液はコンパクトなカートリッジ式であり、片手で簡単にセットができます。

洗浄性能の強化による高濃度検体への対応

気泡を使った洗浄やピペット外周をテフロンコーティングすることにより、直前に測定した検体が残留して次検体に持ち込まれる可能性を低減しました。また、高濃度BACT検体に加えて、高濃度RBC、WBC検体の後にも自動洗浄を設定することができるようになりました。

Voice of Customer VOC お客様の声が活きています

必要検体量の低減とメンテナンス性能の向上

検体定量にポンプユニットを採用したことで、検体吸引量が0.45mLに大きく低減され、STATモードでは0.6mL、サンプラモードでも2.0mLから測定でき、微量検体にも対応可能です。また、サンプリングバルブをなくしシンプルな機構に変更したことで、メンテナンスがより簡単になりました。

Voice of Customer VOC お客様の声が活きています

タッチパネルディスプレイ & U-WAM(尿検査部門情報管理システム)

UF-5000では、基本的な操作をタッチパネルにより実施することができます。また、U-WAM(尿検査部門情報管理システム)は装置の隣に置く必要がなく、検査環境に応じてフレキシブルにレイアウトすることが可能です。

UF-5000 U-WAM(尿検査部門情報管理システム)

U-WAMの増設と目視カウンター機能

U-WAMは必要に応じて増設することが可能であり、例えば顕微鏡のそばにもう1台増設し鏡検結果の入力用として活用することが可能です。

尿化学分析装置と接続したシステム構築も対応予定。


尿検査のデータマネジメント

U-WAMでは、尿中有形成分撮像ユニットUD-10や尿化学分析装置とオンライン接続して、データを一括管理することが可能です。また、検査システムで設定するような検査ルールをマスタにて詳細に設定することが可能です。

Voice of Customer = お客様からのご意見・ご要望を製品開発に活かす取り組み。日本国内で主要な機器・試薬の、研究開発から製造、販売、サービス&サポートまでを一貫して提供するシスメックスならではの取り組みです。

さまざまなお客様の運用に対応するために

全自動尿中有形成分撮像ユニット UD-10
鏡検効率と精度のさらなる向上

オプションの全自動尿中有形成分撮像ユニットUD-10を、UF-5000と接続することにより、UF-5000の結果に応じ、UF-10で撮像することで、視覚情報が得られます。UFの測定結果に加え、検体を形態的に把握し、目視に値する検体を的確に振り分けることで、鏡検効率と精度向上の両面で貢献します。

UF-5000×UD-10による新たな検査フローが、目視率の最適化を実現

Network Solution

SNCS (Sysmex Network Communication Systems)

日々の精度管理データを自動送信して信頼性を常にサポートするオンラインQCに対応しています。また、各種センサーにて取得した分析装置の動作情報をSNCSサーバーへ自動送信し、日々得られたデータをもとに分析・解析を行い、故障を予測、異常が発生した際には迅速なサポートを実施するプロアクティブサービスを提供します。

※別途申し込みが必要です。
※解析結果はU-WAM(尿検査部門情報管理システム)または、インターネットに接続されたPCからご覧いただけます。

仕様

測定項目(定量項目) 赤血球、白血球、上皮細胞、扁平上皮細胞、円柱、細菌
測定項目(半定量、定性) 白血球凝集、非扁平上皮細胞、硝子円柱、非硝子円柱、結晶、酵母様真菌、精子、粘液糸
研究用項目(定量)* 非溶血赤血球、溶血赤血球、尿路上皮細胞、尿細管上皮細胞、小型円形上皮、異型細胞等、DEBRIS、尿導電率、浸透圧
研究情報* 赤血球形態情報、細胞グラム染色性情報、UTI情報
体液測定項目(定量) 赤血球、白血球[単核(球)、単核球(比率)、多形核球(数)、多形核球(比率)]
体液研究用項目(定量)* 上皮細胞、有核細胞、細菌、DEBRIS
処理能力 UF-5000 最大約105検体/時間
最大約20検体/時間(体液測定モード)
UD-10 最大50検体/時間(通常モード)
最大30検体/時間(精査モード)
検体吸引量 UF-5000 0.45mL(サンプラモード、STATモード)
UD-10 0.30mL(サンプラモード、STATモード)
所要検体量 UF-5000 2mL(サンプラモード)
0.6mL(STATモード)
UD-10 1.6mL(サンプラモード)
0.6mL(STATモード)
記憶機能 記憶検体 UF-5000 最大1,000検体
UD-10 最大400検体
U-WAM 最大100,000検体
精度管理ファイル UF-5000 2濃度×3ロット(120プロット/ファイル)
UD-10 3ファイル/測定部(120プロット/ファイル)
U-WAM 300プロット×50ファイル
レーザー 青色半導体レーザー(488nm)
レーザークラス CLASS 1(IEC 60825-1:2007)
医療機器クラス分類 クラスⅠ
オプション U-WAM(尿検査部門情報管理システム)、グラフィックプリンタ、チケットプリンタ、
UD-10(尿中有形成分撮像ユニット)等

*これらの項目・情報は研究用項目です。測定結果を診断目的に使用しないでください。

諸元

  幅×高さ×奥行
( mm )
重量
( kg )
電源 消費電力
UF-5000 測定部本体(サンプラ含む) 760×855×754
(SA-51の場合)
約90 AC100~240V 50Hz/60Hz 600VA以下
640×875×901
(CV-11の場合)
約105
空圧源部 280×400×355 約17 AC100~117V 50Hz/60Hz 230/280VA以下
U-WAM
(尿検査部門情報管理システム)
本体 367×98×378 約10 AC100V 50Hz/60Hz 200VA以下
キーボード 454×42×173 約0.9
LCD 510×401×170 約7 50VA以下
UD-10
(全自動尿中有形成分撮像ユニット)
測定部(サンプラ含む) 640×872×900 約89 AC100~240V 50Hz/60Hz 300VA以下
空圧源部 280×400×355 約17 AC100~117V 50Hz/60Hz 230/280VA以下
IPU 367×98×378 約10 AC100V 50Hz/60Hz 200VA以下
UF-5000、UD-10連結の場合
※U-WAM除く
約1,290×872×900 約236

医療機器製造販売届出番号

28B2X10007000132

※外観・仕様については改良のため予告なしに変更することがあります。
※このページの商品情報は、日本国内販売向けのもので、その他の地域については異なる場合があります。

展示会情報

    PAGETOP