シスメックス株式会社 臨床用製品のご案内

※このサイトは医療従事者向けですアイコン

RAS遺伝子変異検出キット OncoBEAM™ RAS CRCキット

保険適用

大腸がん患者の血漿に含まれるRAS(KRAS及びNRAS)遺伝子変異を検出するOncoBEAM™ RAS CRCキットが2020年8月1日より保険適用になりました。


保険償還価格

 区分  測定項目  測定方法  保険点数
 E3
(改良項目)
 RAS遺伝子変異(血漿)  高感度デジタルPCR法と
フローサイトメトリー法
 7,500点
 

留意事項

D004-2 悪性腫瘍遺伝子検査の<留意事項>に追加

 ア. 本検査は、大腸癌患者の血漿を検体とし、抗悪性腫瘍剤による治療法の選択を目的として、高感度デジタルPCR 法とフローサイトメトリー法を組み合わせた方法により行った場合に、患者1人につき、1 回に限り算定できる。ただし、再度治療法を選択する必要がある場合にも算定できる。ただし、本検査の実施は、医学的な理由により、大腸癌の組織を検体として、「1」の「イ」処理が容易なもののうち、(2)のイに規定する大腸癌におけるRAS 遺伝子検査又は(3)のカに規定する大腸癌におけるK-ras 遺伝子検査を行うことが困難な場合に限る。

イ.本検査を実施した場合は、大腸癌の組織を検体とした検査が実施困難である医学的な理由を診療録及び診療報酬明細書に記載する。

ウ. 本検査と、大腸癌の組織を検体として、「1」の「イ」処理が容易なもののうち、(2)のイに規定する大腸癌におけるRAS 遺伝子検査又は(3)のカに規定する大腸癌におけるK-ras 遺伝子検査を同一月中に併せて行った場合には、主たるもののみ算定する。