シスメックス株式会社 臨床用製品のご案内

※このサイトは医療従事者向けですアイコン

製品・サービス

全自動尿中有形成分分析装置 UF-5000

新たな検出原理と試薬により有形成分の分類性能を向上

UF-5000

特長

進化したフローサイトメトリー

従来は光の強さや波形を使い有形成分の大きさ、染色の強さなどを情報として分析を行ってきましたが、UF-5000では従来の分析法に加え、光が描く波形の面積を捉えることができるようになりました。
この新しい技術は、核酸量や内部構造の複雑性を加味した大きさ情報の検出に応用され、有形成分の分類性能向上に貢献しています。この特徴を生かすため、2つの新たな反応系として、SFチャンネル、CRチャンネルを搭載しました。

仕様

処理能力 最大105検体/時間
最大20検体/時間(体液測定モード)
検体吸引量 0.45mL(サンプラモード、STATモード)
所要検体量 2mL(サンプラモード)
0.6mL(STATモード)
記憶検体数 UF-5000 記憶検体    :最大1,000検体
精度管理ファイル:2濃度×3ロット(120プロット/ロット)
U-WAM 記憶検体    :最大100,000検体
精度管理ファイル:300プロット×50ファイル
レーザー 青色半導体レーザー(488nm)
レーザークラス CLASS 1(IEC 60825-1:2007)
医療機器クラス分類 クラスⅠ

諸元

  幅 × 奥行 × 高さ
(mm)
重量
(kg)
電源 消費電力
UF-5000 測定部本体
(サンプラ含む)
726×754×855
(SA-51の場合)
約95 AC100~240V 600VA以下
640×901×873
(CV-11の場合)
約105
空圧源部 280×355×400 約17 AC100~117V 230/280VA以下
U-WAM
(尿検査部門情報管理システム+インストールPC)
PC本体 367×378×98 約10 AC100V 200VA以下
キーボード 454×173×42 約0.9
LCD 510×170×401 約7 50VA以下
測定部
(サンプラ含む)
640×900×872 約89 AC100~240V 300VA以下

医療機器製造販売届出番号

28B1X10014000041

お問い合わせ

最寄りの弊社支店・営業所まで、直接お問い合わせください。


※外観・仕様については改良のため予告なしに変更することがあります。
※このページの商品情報は、日本国内販売向けのもので、その他の地域については異なる場合があります。