シスメックス株式会社 臨床用製品のご案内

※このサイトは医療従事者向けですアイコン

therascreen® EGFR 変異検出キット RGQ 「キアゲン」

関連製品

ロータージーン Q MDx 5plex HRM

ロータージーン Q MDx 5plex HRM リアルタイムPCR装置

遠心エアコントロール方式

高い温度性能で迅速かつ正確に結果を提供

リアルタイムPCR 装置“ロータージーンQ MDx 5plex HRM”は、画期的な“遠心エアコントロール方式”を採用することで優れたパフォーマンスを実現し、あらゆる臨床検査の解析法に対応します。

遠心エアコントロール方式による卓越した性能

遠心エアコントロール方式を採用したロータージーンQ MDx 5plex HRM は、市販されているこれまでのリアルタイムPCR 装置の中で精密性と機能性に富んでいます(図1)。遠心エアコントロール方式では、サンプルローターが常に遠心されていることにより、反応サンプル間の温度均一性を高く保持します(± 0.02℃)。また、全てのサンプルチューブが光源と検出器間の一定の光路上を通過し、サンプル間で光路長の差がないため、解析のために補正を行なう必要がありません。このような遠心エアコントロール方式では、従来のブロック型装置で問題とされたサンプル間のばらつきやエッジ効果を排除することができます。
ロータージーンQ MDx 5plex HRM の断面図
図1. ロータージーンQ MDx 5plex HRM の断面図
遠心エアコントロールによりエアチャンバー内の迅速な加熱/冷却を実現する。チューブは遠心により150ミリ秒ごとに励起/検出の光路を通過するため、高速なデータ収集が可能である。6種類のLED 光源は、6種類の異なる検出フィルターおよび高感度な光電子倍増管検出器(PMT)と組み合わせて使用できる。

遠心エアコントロール方式の特長

  • ウェル間の温度均一性が± 0.02℃以下
  • 均一な検出により、ROXのようなリファレンス色素が不要
  • 高速な加熱・冷却機構によるランニング時間の短縮
  • 高い感度と再現性

Rotor-Gene™ Q ソフトウェアの特長

  • フリーライセンスおよび個々のユーザー管理機能
  • 全ての結果ファイルにデジタル署名を追加可能
  • アッセイファイルへの変更を追跡するための監査証跡
  • 様々なレポートおよびエクスポート機能
  • バリデーションの際に有用な Raw Data のエクスポート機能

映像で見る

ロータージーン Q MDx 5plex HRMの性能仕様

蛍光検出用チャンネル

チャンネル 励起波長(nm) 検出波長(nm) 検出可能な蛍光色素の例
Green 470 ± 10 510 ± 5 FAMTM、SYBR® Green I、Fluorescein、EvaGreen、Alexa Fluor® 488
Yellow 530 ± 5 557 ± 5 JOETM、VIC©、HEX、TET、CAL FluorTM Gold 540、Yakima Yellow
Orange 585 ± 5 610 ± 5 ROXTM、CAL Fluor Red 610、Cy®3.5、Texas Red、Alexa Fluor 568
Red 625 ± 5 660 ± 10 Cy5、QuasarTM 670、LightCycler® Red640、Alexa Fluor 633
Crimson 680 ± 5 712 high pass Quasar 705、LightCycler Red705、Alexa Fluor 680
HRM 460 ± 20 510 ± 5 SYBR Green I、SYTO9、LC Green、LC Green Plus+、EvaGreen

仕様

サイズ(W x D x H) 370 x 420 x 286 mm、12.5 kg
温度性能 温度均一性:± 0.02℃
温度精度:± 0.5℃
温度分解能:± 0.02℃
温度制御範囲:35 ~ 99℃
温度平衡化時間:0 秒
光学システム 6つの独立チャンネル(460 ~ 680 nm 励起、510 ~ 750 nm 検出)
固定した光学経路、チャンネルごとに独立した強力な励起LED と検出フィルター
Gain(感度)のセッティング(感度コントロール)が可能な高感度光電子倍増管(PMT)
ダイナミックレンジ:1010(アッセイに依存)
ローター
およびウェル形状
0.1 ml Strip Tubes:0.1 ml x 72 ウェル、推奨反応容量20 ~ 50 μl
PCR チューブ0.2 ml:0.2 ml x 36 ウェル、推奨反応容量20 ~ 50 μl
電源 100 ~ 240 V AC、50/60 Hz;520 V(peak)

医療機器製造販売届出番号

13B2X10223000004

QIAcube

※本製品は非医療機器です。

QIAcubeでスピンカラムキットを自動化

QIAcubeTMは、既存のQIAGEN スピンカラム操作の自動化を実現する卓上タイプの装置です。液晶画面上のアイコンを押すだけで、信頼できるQIAGEN スピンカラムキットを完全自動化し、精製工程の簡便化と能率化を実現します。現在お使いのキットをそのまま使用でき、直ぐに操作を開始して迅速に確実な結果が得られます。一回のランで12 サンプルまでを調製できます。詳細はウェブサイト(www.qiagen.com/MyQIAcube)を参照してください。
QIAcube

QIAcubeの特長:

  • 現在ご使用のQIAGENスピンカラムを完全自動化
  • 遠心機を用いた自動化でマニュアル操作と同じ性能を実現
  • 最大12サンプルからの精製
  • 液晶タッチパネルで精製条件を簡単に設定
試薬、カラムの移動
図1. 手作業のいらない試薬、カラムの移動

ラボでのマニュアル操作から開放

QIAcube上でQIAGEN スピンカラムを用いた核酸の自動化精製により、マニュアル操作が排除できるので、お客様は貴重な時間をより効果的に使えます。標準化された自動化精製工程は人為的なエラーを排除でき、実験およびラボ間で比較検討できる結果が得られるため、お客様はダウンストリーム解析に集中することができます(図1)。
ヒートシェーカー
図2. ヒートシェーカーにより最大12 サンプルまでの溶解を自動化

ハンズフリーなサンプル溶解

ハンズフリーなサンプル溶解ヒートシェーカー(図2)ではアガロースゲル切片等の最大12 サンプルの溶解が可能です。高温でのサンプル溶解が必要な場合には、シェーカーがサンプルを70℃まで自動的に加温します。その後、ライセートは遠心機の上のスピンカラムにシェーカーから自動的に移されます。
使い捨てローターアダプター
図3. 使い捨てローターアダプターを遠心機にセットするため、精製途中の廃液処理が不要

全自動のスピンカラム処理

完全に自動化されたスウィングローター式遠心分離機により各工程の煩雑な手動の遠心ステップは不要です。新開発の使い捨てローターアダプターは、遠心機にスピンカラムとコレクションチューブを同時にセットでき、サンプルの結合やバッファーによる洗浄の際の廃液をアダプター中に貯めることが可能です(図3)。サンプルや試薬、廃液が機器に触れない構造のためメンテナンスが容易です。純度の高い核酸やタンパク質がコレクションチューブの中に溶出され、高感度なダウンストリームアプリケーションにすぐ使用できます。
アクセサリー
図4. QIAcubeのアクセサリーは人為ミスを排除するよう設計されています

使い易いソフトウェア

オペレーション用の外部PC が必要なく、貴重な実験スペースを節約できます。タッチスクリーンはプロトコール選択を簡素化し、分かり易いメッセージでセットアップを説明します。使い易さの向上と高い安全性の確保のために、正しい位置にキットやアクセサリーがセットされているかを自動的にチェックします(図4)。

映像で見る

仕様

サンプル処理数 2 ~ 12 サンプル
寸法 横:650 mm  奥行き:620 mm
高さ:570(ドアオープン時810)mm
重量 本体:71.5 kg(アクセサリー:3 kg)
電源 AC 100 ~ 120 V、50 ~ 60 Hz、650 VA
遠心分離機 最大12,000(x g)
スウィングローター方式(最大45°)
12 ローターポジション
シェイカー 回転数:100 ~ 2,000 rpm
振 幅:2 mm
加温範囲:室温~ 70℃
加温速度:室温から55 ± 3℃まで5 分以下で加温
自動分注機 シリンジサイズ:1,000 μl
分注範囲:5 ~ 900 μl
フィルター式チップ使用
タッチスクリーン 高輝度TFT、LED バックライト
プロトコール プレインストール済み
精製テクノロジー スピンカラム

QIAgility

※本製品は非医療機器です。

サンプル調製およびアッセイテクノロジーを完全自動化

QIAgilityTMは、Rotor-GeneTM Q 用のPCR アッセイなどのPCR セットアップの自動化を実現するコンパクトな卓上型装置です。高精度なQIAgility は、エンドポイントおよびリアルタイムPCR アッセイにおいて、サンプル間およびラボ間で再現性のある結果を実現します。PCR セットアップの自動化は、人為的ミスを起こしやすいマニュアルでのピペッティング操作を排除でき、迅速かつ確実な結果を実現します。
QIAgility

QIAgility の特長:

  • 様々なフォーマットに対応する PCRセットアップの自動化
  • 簡便で使いやすいソフトウェア
  • 標準化されたプロトコールによる実験操作の効率化
  • マニュアルのピペッティング操作を排除
  • QIAGENサンプル調製テクノロジーと最適な組み合わせ
QIAgility
QIAgility は使いやすいソフトを掲載したコンピューターで操作します。プログラムを選び、ワークテーブルをセットアップすると、PCR セットアップが自動的に行なわれます。セットアップ後は、そのまま解析に移行することができます。

高度なテクノロジーで高い精度

液面レベルを感知する“液面センサー”の搭載により、QIAgility は高精度で標準化されたピペッティングを実現します(表1 および図1)。液面センサーは、チップが液面に触れた時点でピペッティングヘッドが止まり、チップの外側に不要な液体が付着することによるキャリーオーバーを防ぎます。また、粘性が高い溶液の場合には、ピペッティング速度を低減させます。
段階希釈系列
図1. 高い再現性と精度を示す段階希釈系列
QIAgility で、ヒトゲノムDNA(0.6 ng ~ 30 ng)の2 倍希釈系列を作製した。これらの連続希釈液からIL1R2 をRotor-Gene Q とQuantiFastTM Probe PCR Kit を用いて増幅した(5 replicates)。増幅曲線(A)では、各2倍希釈間で1サイクルの差が精度良く得られた。また、直線性のある検量線(B)も得られ、精度および再現性の高さが示された。
容量(μl) 平均値(mg) S.D.(mg) CV(%)
1 0.99 0.06 5.64
2 2.03 0.05 2.20
5 5.02 0.03 0.56
10 9.99 0.02 0.24
20 19.97 0.04 0.22
50 49.99 0.05 0.10
100 100.84 0.14 0.14
150 150.79 0.25 0.17
200 198.82 0.26 0.13

表1. 卓越した精度
QIAgility で1、2、5、10、20、50、100、150、200 μl の水をピペッティングした(16 replicates)。ピペッティングした実際の容量は、重量によりすべて測定した(例;1 g = 1,000 μl)。平均値、標準偏差(S.D.)、変動係数(CV)を各容量で計算した。

QIAgility のソフトウェア画面
QIAgility のソフトウェア画面

直感的で分かりやすいソフトウェア

QIAgilityは比類ない正確性と再現性を実現するために、試薬キットごとに予め作製されたランニングファイルを使用することができます。また、ソフトウェアの画面上には、装置本体のワークステーションと同じレイアウトが表示されますので、直感的に簡単な操作で動作を行なうことができます。

映像で見る

仕様

サイズ 幅:55 cm(21.6 in.)
奥行き:63 cm(24.8 in.);ケーブル除く
高さ:45 cm(17.7 in.);フードを閉めた状態
重量 41 kg(90.2 lb.);標準的な設定
電源 100 ~ 240 V、250 VA、50 ~ 60 Hz、5 A fuse