シスメックス株式会社 臨床用製品のご案内

※このサイトは医療従事者向けですアイコン

製品・サービス

がんリンパ節転移診断システム(OSNA™法) 遺伝子増幅検出装置 遺伝子増幅検出装置RD-200/100i

OSNA™( One-step Nucleic Acid Amplification ) は、検体の可溶化から遺伝子増幅反応までをワンステップで行うことができるシステムです。
OSNA™を用いることにより、リンパ節中の標的遺伝子を高精度、迅速、簡便に検出することが可能となります。乳がん、大腸がん、胃がん、非小細胞肺がんに対して保険適用されています。

  医療機器製造販売届出番号
  RD-200:28B1X10014000040
  RD-100i:28B2X00027000007
                              ※クリックして拡大

OSNA™とは?

  • サイトケラチン19(CK19)mRNAを増幅検出し癌リンパ節転移診断をサポート
  • 保険適応2,400点:乳癌、大腸癌、胃癌、非小細胞肺癌
  • OSNA™法による7つのメリット
  • 簡易にリンパ節転移検査を実施可能
    1.精度高い検査結果の取得
    2.迅速な検査時間
    3.リンパ節転移診断の標準化に貢献
    4.病理医の労力削減
    5.豊富な採用実績
    6.安心のオンラインサポート

測定フロー

OSNA™法は,ホモジナイズしたリンパ節中に含まれるCK19mRNA を,遺伝子増幅検出装置と試薬を用いて増幅・検出し、リンパ節がん転移診断の補助を行います。